心は心の中にあって磨かれるもの。

個性も相手なしに育つ事はありません。
少しはにかんだ「おはようございます!」明日を心待ちにする「さようなら!」人と人の関わりが中心にある!そんな始まりと終わりを繰り返していく事で日増しにたくましくなっていくものです。

心むすんで、夢ひらいて

初めて履いたぞうりがとてもくすぐったかった事・みんなで心を一つにしたマーチングバンドの事・大好きなお友達と手をつないで園庭を走った事やしだれ桜のつぼみを見つけた事も…。
いつの日かきっと思い出すはずです。
空には太陽が、大地には草花が、そしてここにもう一つのふるさとがある事を!

ねぇ、こころってどこにあるの?

感受性の豊かさは、体験の数に比例するのかもしれません。

新倉幼稚園からのお知らせ

月予定

2017年05月